もっかの悩みは停電

ヤンゴンに戻り、そろそろ1か月になりました。暮らしについては、これまでお知らせしてきた通り、以前からヤンゴンで暮らす外国人には、スーパーの増加など、便利になった気がします。円の力も実際の取引価格で1円=18kyatほどで、2020年のコロナ以前は1円=11.5kyatだったことを考えると、他の国では弱すぎ感がある円も、ミャンマーでは強いです。

もっかの悩みは停電でしょう。予定時間はあらかじめ公表されていますが、予定時間外の停電が頻発。仕事の調整が難しくなっていました。停電すると「発電機」に自動で変わるのが以前のヤンゴンでした。発電機の音と、ディーゼルの臭いで停電していることが分かりましたが、いまは燃油の価格の高騰で、発電機を動かさなくなっていて、停電してもそのままです。

ロシアの外相の訪問があったばかりで、ロシアからの燃料のサポートがあるのかないのかというあたりが、今後の停電の行方と関係しそうです。

前の記事

1$=3,000KyatNew!!

次の記事

停電のない1日New!!