ミャンマー着後隔離免除に

在ミャンマー日本大使館によると、商用便でミャンマー入国後に実施されていた隔離処置が免除になりました。詳細は下記の通りです。ワクチンについての追加情報も含みます。

 1 到着14日以上前に接種した承認済みワクチンの(2回)接種証明書
●承認済みワクチンとして「ノババックス」が追加されました。
●接種証明書の免除対象者の年齢が「12歳未満」に変更されました(変更前は6歳未満)。

2 ミャンマー到着後の措置
●ミャンマー到着後の指定ホテルでの隔離及び指定ホテルでのPCR検査受検は実施されないことになりました。
●ミャンマーの空港到着後に空港専用カウンターでRDT検査(迅速抗原検査)を受検し、当該検査が陰性であれば空港を出ることができます(テスト結果は通達によれば概ね1時間で判明する由)。費用は15,000Kyatsで、自己負担となります。